2017年8月11日金曜日

オオサンショウウオ@新湊川

神戸の川に「オオサンショウウオ」何者かが放流か、須磨海浜水族園が保護

神戸市立須磨海浜水族園は10日、同市長田区の新湊川で、国の特別天然記念物に指定されるオオサンショウウオ1匹を保護したと発表した。

オオサンショウウオは文化財保護法で研究目的などを除いて飼育が禁止されている。

保護されたオオサンショウウオは体長約65センチ、体重約1・5キロ。
9日午後2時半ごろ、新湊川の川岸にいるのを通行人が見つけ、警察に通報。長田署からの連絡で同園が保護した。
発見当時は衰弱していた。

同園によると、新湊川はオオサンショウウオの生息地として確認されていないといい、何者かが放流した可能性があるという。
新湊川では平成23年にもオオサンショウウオが見つかり、同園が保護している。

産経新聞 2017年8月11日 13時17分
http://news.livedoor.com/article/detail/13460957/

また無慈悲なConfirmationキタ~!(爆wwwwwwww











→小保方晴子と上原多香子と宇多田ヒカル









→宋








で、


神戸の水族館の歴史

和楽園水族館

1895年(明治28年)、京都で第4回内国勧業博覧会が開かれた際、これに協力した神戸市が、博覧会附属の施設として、和田岬の遊園地「和楽園」に「和田岬水族放養場」を開設した[4]。兵庫水族室と水族放養池とで構成される。ラフカディオ・ハーン小泉八雲)が観覧し、文章を書いている[4]。博覧会終了後も、水族放養場は残された[4]
1897年(明治30年)、神戸市兵庫区の和田岬で開かれた第2回大日本水産博覧会[4]会場となる遊園地「和楽園」内に、神戸市は「和田岬水族放養場」を充実させ[4]、会期中に限って水族館が設置された[3]。「水族館の父」と呼ばれる飯島魁東京大学教授によって設計され、建設の際には、神戸の進んだ造船技術が用いられ、海水の水槽にポンプやバルブ、配管などを備えた本格的な循環ろ過設備を備えていた[3]。須磨海浜水族園の鮫島叡園長(当時)によると、「水族館」という名称はこの時から日本で初めて使われたという[5]。また、水族館は外観がインド風の斬新なデザインであったとしている[5]
この「和楽園水族館」が日本初の本格的な水族館[4]、日本初の本格的な濾過装置を備えた水族館[6]とされ[7]、神戸は日本の水族館発祥の地ともされている[3]
博覧会終了後の1902年(明治35年)4月、水族館は湊川神社の境内に移転され、「楠公さんの水族館」と呼ばれる[3]。1910年(明治43年)2月、閉館した[3]

湊川水族館

1930年(昭和5年)9月、神戸海港博覧会が開催されるに合わせて、湊川公園の中に神戸市水産会により湊川水族館が建設された[3]。1943年(昭和18年)2月、第二次世界大戦が激しくなり閉鎖し、1945年(昭和20年)3月の神戸大空襲により焼失した[3]。その後、神戸は1957年(昭和32年)に当時東洋一の規模を誇った須磨水族館を誕生させ、須磨海浜水族園として現存している[4][6]

日本初の水族館の議論

日本初めての水族館はどこかという論議がしばしば行われる。須磨海浜水族園の鮫島叡園長(当時)[5]や安井幸男学芸展示部長(当時)によると、見世物小屋としてのレベルでは、1882年(明治15年)には上野公園上野動物園)に「うをのぞき」(観魚室)があったが、淡水魚専用の循環濾過装置がついていない簡単なもので、単に魚を水槽に入れていただけであって、水族館というレベルではないとし[8]、和楽園水族館を日本初の水族館と考えている。「うをのぞき」は15個ほどの水槽を展示したものであったとされる。












→宋


で、












、、、(爆wwwwwwwwww

0 件のコメント: